業務内容|労働・社会保険のことなら、社会保険労務士法人なか

ホーム ≫ 業務内容

業務内容

業務内容一覧

労働保険の事務手続代行

労働保険とは、業務災害・通勤災害・失業等が起きた場合、国が労働者に保険給付を行うものです。

労働者災害補償保険法(労災保険)と雇用保険法(雇用保険)があり、法人・個人に関わり無く、従業員やアルバイト・パートを1人以上雇用する事業主は、労働者が希望するかどうかに関わらず保険加入を義務づけられています。

両保険をまとめて労働保険といいます。

 労働保険に関する詳しい情報はこちら

 

社会保険の事務手続代行

国(厚生労働省)が行なっている社会保険事業で、業務外での病気、ケガ、身体の障害、死亡、出産、老齢などの事由に対し、保険制度の加入者やその家族に保険給付を行い、生活を保障する制度です。会社が手続きする社会保険は、健康保険制度と厚生年金保険制度があります。

 社会保険に関する詳しい情報はこちら

 

給与計算代行

給与計算は毎月の定期作業であり、一見簡単・単純な作業のように思われがちですが、実は所得税、住民税、社会保険、雇用保険などの幅広い専門知識と繊細さが求められる作業です。

こういった業務をアウトソーシングすることで経営者、従業員の方々は本業に専念でき、会社に大きな利益を生み出すことができます。

法律改正には常にアンテナを張っておりますので、「保険料率が変更されているのに、従前の保険料率で保険料を計算してしまった!」というようなミスはなくなり、その点においてご安心をご提供できる業務です。

※給与計算につきましては労働保険または、社会保険関係手続きをご委託頂いている場合のみお受け致します。

 給与計算代行に関する詳しい情報はこちら

 

就業規則・他規定類の作成

就業規則は、労働基準法の規定により、法人事業所・個人事業所を問わず常時10人以上の従業員を雇用する場合、事業主に作成が義務付けられている、いわば職場の憲法です。

就業規則の内容は、労働基準法を始め、関係法律に定められた要件を満たしており、その作成手続きも法定の手続きによることが必要であり、また個々の企業の実状に合ったものであることが重要です。

 就業規則・他規定類に関する詳しい情報はこちら

 

各種助成金の無料診断・申請代行

厚生労働省が管轄する雇用・労働関係の各種給付金・助成金の支給申請について、ご相談に応じ、申請手続を行います。

厚生労働省では、雇用環境の改善のために努力する事業主を支援する目的で、一定の要件に該当する事業主の申請に応じ、雇用保険料を財源として、様々な助成金や給付金を支給する事業を行っています。

 各種助成金に関する詳しい情報はこちら

なか事務所のトップへ戻る

社会保険労務士法人なか

本部

〒900-0025 沖縄県那覇市壺川1丁目4番地15(2F)
TEL/098-855-2133 FAX/098-855-0960

中部
支部

〒904-0033 沖縄県沖縄市山里3丁目2番9号
TEL/098-933-7060 FAX/098-933-7061
なか事務所へのお問い合わせ